FC2ブログ
2012.07.17

7月4日(水)とうとう、力つきたか。

はい、私、この日は1日中寝ておりました。熱っぽく、鼻づまりもあり。寝ては覚め、覚めては寝て。夕方、夫がご飯の買い出しに行くのに、子供たちもついて行ったのですが、なぜかすぐ戻ってきた。どしたん?と聞くと、
「なっちゃんが道で吐いた。」
ええー。出したらすっきりしたらしいけど、念のため、ベッドで休養。

夜、夫が買ってきてくれたお寿司のパックをなっちゃんと食べたけど、味がしなーい。においもしなーい。あぁ鼻が。。

でも絶対、明日は元気になってやるー!
Posted at 13:18 | Holidays | COM(0) | TB(0) |
2012.07.17

7月3日(火) ナイアガラ~トロントへ

トロント行きの列車は夕方だったので、午前中はまた滝の方へ。でももう滝は十分見たしー。と、ちょっと立ち寄ったアーケードゲーム。そこで夫が10ドルだけコインに代え、なっちゃんは何かゲームをして、こうたは乗り物を楽しみ、なっちゃんvsこうた&パパでエアホッケーで対戦し、最後はビリヤードをして盛り上がりました。
P7041609h.jpg

雨が降っていたのもちょうど上がり、ランチを食べてからホテルへ戻り、タクシーで駅へ。

駅でチェックインしたときに、夫が列車が遅れた時の払い戻しを聞くと(行きの車内で次回切符購入のときに半額にする、と言っていたので)、今から乗るナイアガラ~トロント間の切符4人分が全額払い戻しされました~。言ってみるものですな。さすが夫。

2時間の移動、こうたは半分以上寝てました。ラクチン。トロントに着いて、ホテルへ入って、その日は終了。
今日も1日、おつかれさまでした。

Posted at 13:17 | Holidays | COM(0) | TB(0) |
2012.07.17

7月1日(日)~2日(月)ナイアガラにて

日曜日は、カナダデーで祝日。夫と子供は、朝から各地でパレードやらコンサートやらしてる様子をテレビで見ながら、昼までのんびり。私は昼までうとうと寝てた。ゆっくりと用意して夕方4時半ごろ、滝に向けて出発。

暑い。30度超えてる?カナダってもっと涼しいと思ってた。実際、モントリオールはもう少し涼しかったし。

夫と子供はナイアガラの滝は初めて。見え始めると、おお~、すごーい、と写真撮影。祝日のせいか人が多いけど、芝生があったり広く敷地がとってあるので、あま混み合った感じはしない。しばらく眺めた後、お約束の「霧の乙女号」乗車。これも、すごい並んでるように見えたけど、15分くらいで乗れた。レインコートはこうたにぴったりのサイズもあって、ちょっとびっくり。
船には最後の方に乗ったので、2階の甲板へは行けず、下の甲板で、見えやすい所をあちこち移動して滝を満喫。滝に近づくと、すごい水しぶき!こうたはかなりビビって、私にしっかり抱きついたまま、
「あめふってるよ!」
なっちゃんもキャーキャー言って楽しんでいました。
P7021567f.jpg

それから、アイス買って芝生で休憩。
「晩ご飯は、ナチョが食べたい。」
となって(何でだったんだろう?)、お土産屋さんでカードとかおもちゃとか買ってから、メキシカンレストランで山盛りのナチョを食べまくりました。ほんとに山盛りだったので、残りはドギーバッグにしてもらいました。

そしてまた滝の方へ戻り、観覧車へ。日本のとは違って、回るのが早いのね。正直ちょっと怖かった 笑。でも、上からライトアップしてる滝が見れたし、遠くで花火をしてるのも見れたし、よかったです。
観覧車を下りた瞬間、夜10時。滝で花火開始。花火が見える所へ移動したけど、ほんのちょっと見たらそれで終わっちゃった。残念。

翌日も、午前中はゆっくりホテルで。私は昨日辺りから、風邪か鼻炎か、鼻づまりと頭痛でちょっと低調。
午後3時前から、また滝の方へ。暑い。
今日は、観光用の乗り合いバスに乗って、まずテーブルロックへ。ナイアガラの滝が間近に見れ、迫力があります。
P7031595g.jpg

それから、またバスに乗り、今度はエアロカーへ。滝から流れた水が川で渦巻きになってるのをロープウェーで上から見るものです。といっても、滝を見た後では、イマイチ盛り上がりに欠けるかも。
滝の方へ戻った後、晩ご飯は「アウトバック」というステーキハウスへ。よく見ると、オーストラリアがテーマらしい。トイレにはコアラとかワライカワセミの切手のポスターとか、メニューにも料理の名前がオージー何とかだったり、ちょっと気恥ずかしい 笑。

帰りに、お土産屋さんでみんなのTシャツを購入。30度超えてて、毎日暑いからねー。
明日の夕方は、トロントへ移動。ナイアガラはもう満腹~。

Posted at 13:15 | Holidays | COM(0) | TB(0) |
2012.07.17

6月30日(土)トロント経由でナイアガラへ、列車の旅

朝食、パッキングを済ませ、ホテルをチェックアウト。タクシーでセントラル駅へ。チェックインを済ませ、ランチ用のサンドイッチを買ったり、うろうろして時間をつぶす。
でも、乗車時刻になってもホームへのゲートが開かず、結局30分近く遅れて発車。

車内は、ちょっと古い新幹線みたいな感じ。まぁまぁ快適。車内アナウンスが、モントリオールを出た時はフランス語で先に言ってから英語だったのが、次の駅以降は、順番が逆になってた。
最近はホテルや空港でWiFiが普通に使えるけど、この車内でも使えた。便利。

ここまで快調に進んでいた列車が、駅でもない所で止まったまま30分くらい。通過待ちしてるらしい。そのせいで、トロント駅到着が遅れるとの事。ナイアガラ行きの人は、駅で係員から詳細を聞くようアナウンスされる。

トロント駅に着くと、下の階の一角に集められ、待たされる。30分ほどして、
「今、バスがこちらに向かってますので、もうしばらくお持ちください。」

あーやれやれ、また予定外。ま、しゃーない。

トロント駅に到着して1時間後、ようやくナイアガラへ向かうバスが出発。
バスで、私たちの前の席に、1才くらいの男の子がいて、なっちゃんが手を振ったりいないいないばぁをして遊んだりしてたので、そのパパさんと夫が少し話をしたときに、パパさんが
「このバスで、ホテルまで行ってもらえるか交渉するけど、一緒に乗るか?」
と聞いたらしい。彼らのホテルは違うけど、ナイアガラ駅からメインストリートまでは結構遠いので、便乗することに。
うちを含め、そのバスに乗っていた3組が運転手に交渉して、結局1組$5でそれぞれのホテルまで送ってくれる事になった。助かる~。

私たちが予約したのは、滝から徒歩20分ほどのモーテル。夜9時半過ぎに到着。近くのビュッフェディナーしてるレストランにとりあえず入って、夕飯。帰りにコンビニでパンとミルク、果物を買って、帰ってシャワー入って、寝た。

はい、今日も1日、よく移動しました。子供たちもえらかったよ。
Posted at 13:13 | Holidays | COM(0) | TB(0) |
2012.07.17

6月28日(木)~29日(金) モントリオール後半

夫の学会での予定は午前中で終わりそうだったので、午後からみんなでモダンアートギャラリーへ。この日からアートギャラリーがある辺り一帯で、ジャズフェスティバルも始まっていて、無料で野外コンサートが見られるという何とも嬉しい催し。
初めて地下鉄を利用。大人は1回$3。子供は無料。料金表やら券売機やら、フランス語表記のみで、ちょっと戸惑った。会話も、基本はフランス語。でもこちらが英語で言えばすぐに英語に切り替えられる。すごいね~。(フランス語しか話せない人もいるけど)

モダンアートは、とても面白く、座ってゆっくり眺めていたいものもいくつかあった。でも子供受けはめっちゃ悪かった。。どうも怖いらしい。確かに、グロイのとかあるし、暗い部屋でよく分からない映像が延々と映されてたりするもんなー。
ということで、素通りな感じで館内をあっという間に回って、外へ。あぁ、もったいない 笑。

ジャズフェスではキッズエリアもあり、遊具やクラフトなどがあったので、子供たちはそこで滑り台をしたり、クラフトでギターを作ったりして楽しみました。
P6291545d.jpg
P6291549e.jpg

もちろん、夫と私は生演奏も楽しみました。ディキシーとか大学生バンドやのにめっちゃかっこいいのとか、なかなか面白かった。中にはロックバンドに近いのやら、ジャズっていうより歌謡曲?みたいなのもいたけど、会場のあちこちでいろんなバンドがライブしてて、もっと見たかったなぁ。

その夜は、キャンベラ時代からお世話になっているKさんと一緒に夕飯を食べました。カナダに来てるのに、夫となっちゃんのリクエストでお寿司。ほんとすみませんでした。とても楽しく過ごせたので、私たちは大満足でした。

翌日は、こうたが発熱。午後になっても下がらなかったので、夫となっちゃんだけで、科学館へ行ってきてもらいました。楽しかったようで、よかったよかった。

モントリオールでは、ほとんどずっとホテルのレストランで食事してたなー。おいしかったし、便利やし。それに子連れには助かるお値段設定。
朝食は、子供は無料。ディナーはキッズメニューがあって、前菜、メイン、デザート、ドリンクを選んで約$10。お味は本格派。ハンバーグはめっちゃやわらかくておいしかったし、クリームブリュレとチョコムースはもう絶品。
でも私の一番のお気に入りは、朝のビュッフェで食べられるパン達。バケットもクロワッサンも、どれもこれもおいしかった~。パンばっかりお皿に積んで、あとは大きなカップでたっぷりのカフェオレ。幸せ。

さて、明日はナイアガラへ移動。電車がストで止まってなきゃいいけど。(数日前に、VIAが大規模なリストラを発表したというニュースをしてたからね。何が起こっても不思議やないよ。)

Posted at 13:12 | Holidays | COM(0) | TB(0) |
2012.07.15

6月26日(火)~27日(水) モントリオール前半

夫は今日から(ほんとは昨日から)学会。でもパスポートの問題が残ってて、仕事どころやない。とりあえず朝食を食べ、午前中のみ、事務手続きとプレゼンの確認をしに学会会場へ。
私と子供は、夫と一緒に行き始めたけど、遠いので途中の公園でリスを眺め、ホテルへ戻ることに。
P6261538c.jpg

部屋でのんびりテレビを見たり、私はバスタブで足踏み洗濯に精を出して過ごした。11時半頃、なっちゃんとこうたはベッドに潜り込み、すやすやと寝息が。時差のせいか、そのまま夕方6時前まで熟睡。
夫はランチを食べた後、総領事館へ行き、パスポート発給の相談。発給には5営業日掛かるので、ここで申請すると、トロントへ行ってからパスポートを受け取るためモントリオールへ日帰り旅行することになるらしい。もしくは、予定を全部キャンセルして、モントリオールにずっといるか。(うーん、それはちょっと退屈かも。。贅沢言ってる場合ちゃうけど。)

まだ1日、考える猶予があるから、と、夫は夜、ニュージーランド航空オークランド局のカスタマーセンターへ電話。
1時間ほど掛けて、事情を説明し理解してもらって、バンクーバー経由で4人分の空きがある事を確認してもらった。
何にしても、この方法が最良なので、その席を確保してもらうことに。

夫がLA空港で聞いた話に寄ると、本来ならばシドニーでチェックインしたときに、古いパスポートではビザなしで入れない、と航空会社側がチェックインを断らないといけなかったらしい。(もし本当にそうされていたら、かなりがっかりしてたやろうなぁ。)
なので、その辺などなどを考慮してもらって、経由地変更の手続きに掛かる費用を負担してもらう交渉をしたらしい。夫のこういうところ、すごいなぁと思う。

この日は結果待ちで終了でしたが、後日、費用負担なしでバンクーバー経由に変更してもらえる事になりました。これで安心してホリデーを続けられる~。

あ、肝心の夫のプレゼンも、交渉で寝不足だったにも関わらず、うまくできたらしいです。よかったね。

この間、なっちゃんは風邪と戦い、こうたもちょっと風邪気味。あまり出歩かず、ホテルで休養。

Posted at 21:29 | Holidays | COM(2) | TB(0) |
2012.07.15

LAからモントリオールへ(続き)

子供2人連れて、遠いターミナルビルまで歩き、またその辺の係員に荷物はどこにいけば見つかる?と聞くも、イマイチはっきりせず。うーむ。もう夫が来るまで待っとこう(丸投げ 笑)。
ベンチに座って待ってたら、やっと夫と再会できた(夫はずいぶん探しまわっていたらしい)。荷物のことを言うと、
「そんなん、すぐ聞かないと。」
とエアカナダのカウンターでチェックイン手続きと共に荷物の行方も調べてもらったが、この時点ではまだ検索中。しかも飛行機での席が4人とも見事にバラバラ。
ゲート前のカウンターで荷物の確認をすると、見つかってこの便に入れてくれたらしい。ここで席のアレンジも頼んで、2席だけ隣同士にできたけど、2席は離れたまま。中で交渉するしかない、のだけど、どの人もカップルだったり、うちみたいにバラバラの家族連れだったり、窓側じゃないとイヤだったりで、うまくいかない。
最後は、夫がアテンダントに頼んで、彼らが使う為に取ってあった最後列の3人がけをもらう事が出来た。
もうこの時点で、なっちゃんだけでなくこうたも熱が出始め、ぐずぐずしたり寝たりを繰り返し、キツいフライトになった。
モントリオールに到着したときは、本当にホッとしたよ。。

入国審査、荷物受け取りを無事に終え、タクシーでホテルへ。部屋は確保されてた。よかった。(もう何も信用できない。)
ホテル内のレストランで軽く夕飯を食べ、シャワーに入り、やっと足を伸ばして眠れた。

あー。カナダ、遠かった。。
Posted at 21:27 | Holidays | COM(0) | TB(0) |
2012.07.15

6月25日(月)ホリデー2日目 ロサンゼルスへ

P6251530b.jpg

朝、ホテルのビュッフェでおいしい朝食を頂き、モントリオールのホテルへ、到着が1日遅れる事を連絡。
そしてまたバスに乗って空港へ。
チェックインした後、夫が乗り継ぎ便(LA~モントリオール)の確認のため別のカウンターへ行って、なかなか戻らない。どうしたの?と聞くと、
「勝手にトロント経由にされてて、モントリオール着が夜中12時やって。そんなん嫌やろ?」
うん、それはいや。
「やから、モントリオール行きで空きがあるか調べてもらってんねん。」
ずいぶん時間が掛かったけど、カウンターの兄ちゃんもがんばってくれて、4人分確保してくれました。

そして飛行機は予定通り、出発。ほっ。
なっちゃんは風邪が本格化し、熱が出てきてしんどそう。テレビやゲームもしたけど、ほどんどご飯は食べずうとうと寝ては起きを繰り返していました。
こうたは相変わらず、The Wigglesを何度も見て、iPadでゲームしたりCars2を見たりして、ほとんどぐずったりはなく、助かりました。

15時間のフライトを何とか乗り切り、LAで入国審査へ。顔写真と指紋を取られ、滞り無く終わると思いきや、
「ちょっとこっちに来て。」
と言われ、ついて行くと夫だけ別室へ、私たちはベンチで待機するように言われる。何だ~?と思っていたら、夫のパスポートは古いタイプでICチップがついてない。そのパスポートだとビザが無いと入国できない、ということだった。
係員の話によると、ビザの発給には1週間~数ヶ月。そんなん待ってられへんやん。次のフライト、5時間後やって。

で、結局、とりあえず1回だけ入国できる即席のビザを発行してもらうことに。それなら、インタビューを受けて1時間半くらいでもらえるらしい。
ただ、帰りも同じ経由で帰るには、やっぱりビザが必要。もしくはパスポートを新しくするか、アメリカを経由しない便に変更するか。。
さぁ、あなたならどうする?!

ま、この時点で答えは保留。とにかく先に進みたい。

このとき既に2時間くらい待ってて、子供2人と私は何の問題も無いので先に出ることに。

が、荷物がまた消えてる。。その辺の係員っぽい人に聞くと、
「長い間置いてあったから、タグを見て先にゲートの方に持って行ったんじゃないかな。」
そんな頼んでないサービスするの、止めて~。しかも、荷物はトロント経由のままになってるから便が違うんやって。もー。
まぁ最終的にはモントリオールに着くから、いいと言えばいいんやけどさぁ。

もう絶対アメリカには来ないから!。。って気分。
(次回へ続く)

Posted at 21:26 | Holidays | COM(0) | TB(0) |