FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.24

5月23日 風邪気味のぼんやりしたアタマで考えること

最近、本を読んだり誰かの連載読んだり友達の日記読んだり、インプットする方が多くなってるな。

ここ10年くらいの間に出版された小説をいくつか読んだけど、高校生~大学生くらいの年齢の女の子が主人公で、やけにしっかりしてて、確固たる自信というか自分を持ってる、みたいなのが重なった。
私から見れば、その年齢で、ここまで悟ってるって、何か不自然ではある。それは小説やから、そういう子やないと作家自身の思想を伝えられへんからしゃーないんやけど。

でも、もしほんとにこういう子がおったとして、人生は楽しめるんやろか。
いや、「人生を楽しむ」っていう考え自体がないんかもしれん。
作家って、ちょっと変わってる人ばっかりやから?
たぶん、すごくいろんな事を「考える」人は、ちょっと変わった人に思われるんかもしれん。(フォローやないけど)

何のために生きるか?
生物としての答えは、種の保存。そういう意味では役目は終わりやから、もう何のためにとか考える必要もない訳や。それはかなり楽なことやな。

人生の満足度?
人間の脳は、社会性、人との関わりが増えると、それを快感として捉えるらしい。そこを狙うと、人と接する仕事をするのは、脳科学の観点から「満足してる自分」を感じられていいかもしれん。ボランティアでやるとかもアリか。ってか、友達としゃべってるだけでもいいんかもしれん。

それにしても、そもそも何で「書く」のか?
これは、かなり不思議なところ。誰かと繋がっていたい、とか、そーなん?って思う。私の場合は、生存確認用にブログを始めたから、別にいいね!とかコメとかなくても構わへんし。いやまぁ、あったらあったで嬉しいんやけど。(どっちや)
ただ、書くと考えがまとまるっていうのはある。普段、「まーえぇか。」と流してるところを、もうちょっと立ち止まって考えると、どこに引っかかってたのかが見えたりする。基本、直感で動き感情のままに生きてる自分としては、うにゃうにゃ考えるのは不本意ではあるんやけども、たまにふと、いつもと違う部分が見えるのは、面白いと思う。

と、何やらこねくり回して考えるにはぴったりの、ぼんやりアタマの登場、でした。
スポンサーサイト
2011.12.17

「原発のウソ」

日本で、夫が買った本。2ヶ月掛かって船便がようやく届き、他の本を先に読んでから(笑)、やっとこの本を読みました。

3月の事故が起こるまで、原発について調べたり考えたりしたことなかったので、知らなかったことがいろいろ書いてあり、それが素人にも分かるように書いてあるので、読みやすかった。専門的にいうと違う、っていう表現もあるんだろうけど、そのへんを差し引いても、基本的なところは知る事が出来たと思う。
まぁ何つーか、自分で処理できないことには手を出すな、ってことですかね。廃棄物、どーすんだ?って話で。
ゴミ出しまくって、でも処理できないから埋めときます、300年見張っときますんで。もっと時間掛かるのは100万年ってのもありますよ。。って、ここまでくると笑い話?

私は、とりあえず原発止めた方がいいんちゃう?と思う。
でも夫は、「計算上、再利用できるから、なくすことないんちゃう?」と言う。科学者って、こういうときでも夢を見るのかねー。それでもんじゅにもう2兆円もつぎ込んでるんですけどねぇ。

いまのところは原発がなくても電力はまかなえる、ってことなので、10%節電とかしなくていい。いや、個人の出費が減るので、したい人はしたらいいけど、電気が足りなくなる、と思う必要はない。そう思う込むように仕向けられてる、と疑った方がいい。

これからは、政府やそれにくっついた専門家、とか言う人たちの言う事は流しといて、自分で情報収集して、自分で判断するのが一番。誰かにまかしてたら、とんでもない目にあう。だって人は自分が一番いいようにしか考えないんだから。

2011.11.29

この話題、書こうと思ってたのに

結果、出ちゃった。

日曜日は、大阪府知事、大阪市長のダブル選挙でした。恥ずかしながら、私たち夫婦はまだ手続きをしていないので投票しませんでしたが、私はとても楽しみにしてました。というのも、大阪のお役人のひどさにはあきれ果てていたので、これでちょっとはお灸をすえてもらえるかも、と、ややいやらしい希望を抱いていたのです 笑。
前の知事の橋下さん、「さすが上手いな、この人。」と思っていたので、一種の信用があったのかもしれませんが、「維新の会」に一度任せてみたかったんです。で、そう言う人、多かったのかもしれませんね。市長選の投票率60%。知事選は52%。私は大阪市民ではないので、投票したとしても知事選だけですが。

これで一気に大阪が変わる!とは言いませんが、何もしない、どころか無駄遣いしかしないお役人がいなくなってくれると、嬉しいです。(働いてるときは、公務員が大っ嫌いでした。タクシーの運ちゃんと文句を言って盛り上がったのが懐かしい。)


前に、夫とこのダブル選の話の流れで、年代別の投票率を調べました。
ざっくりいうと、50~70代の投票率は75%、20~40代は50%。この2つに分けた年代で、人数差はあまりない。つまり単純に、投票する人数は年齢が上がると増える。ということは、立候補者側の釣り文句は、この辺をターゲットにしとけばOK。
いつもなら、これでお年寄りがリーダーに決まるけど、今回は若い世代が入ってきた。これはおじいちゃん、大弱り。だって今までそんなとこターゲットにした事ないから、何言ったらいいか分かんない。結局、「近頃の若いもんは」と文句を言う事しか出来なかった。しかも「変わりたくない」「既得権は手放したくない」態度が見え見え。そらあかんわね~。

これから、おじいちゃんたちの抵抗やら報道のよく分からない攻撃やら、かなり厳しい道のりが続くのでしょうが、どうか乗り切って欲しいと思う一府民です。

2011.07.19

なでしこジャパン、おめでとう

ちょっと前の話やけど、女子サッカーワールドカップのこと。
決勝戦の中継は、こっちでは朝4時からでタイマー録画してたんやけど、延長の末PK戦にもつれこんだこの試合、録画は途中で切れ、結局最後の同点に追いついたシュートも見れず、がっかり。
Youtubeで同点シュートと、最後のPK戦を観戦、大興奮。

でもこの優勝を「地震、津波」に持ってくのはどうかと思うんやけど。彼女らは、そんなこと気にしなくていいと思うんやけど。
だって、ずっと長い間、男子と違って全然恵まれへん環境の中で練習して、試合に出て、技術力を上げて来た結果、優勝したんやで。男子なんか、代表に選ばれただけで大して活躍もせーへんのにチヤホヤされて、給料だけがっぽりもらって、勘違いヤローの集まりやん。ディフェンスって、並走してるだけやし、ゴール前にいるのにまだパスしようとする小心者ばっかりやし、サッカーしてる俺ってかっこいい~って思いながら試合してるアホばっかりやん。仕事出来んヤツはとっとと帰れ!走れ!と何度TVに叫んだ事か。
それに引き換え、女子の試合の何と真摯な事。やってる事はほんとに基本、でも技術がしっかりしてて、ディフェンスだってすごい体を寄せてるし、きっちり走ってるし、チャンスをものにする執着心だってすごい。

だから、「被災地」は何も関係ないと思うんやけど。
それとも、そういう理由で優勝「させてあげた」とでも言いたいんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。