FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.27

お出かけの季節

ここ数日、いろいろな所へ出掛けて忙しい毎日だった。



先週の土曜日は、毎年恒例の『Canberra Nara Candle Festival』があった。
一昨年初めて行ったときは、会場に着いたのが終了間際だったので、ステージもほとんど終わりかけ、屋台も片付けをしていて、キャンドル以外を楽しむ事ができなかった。
今年は早めに出かけて、屋台も他のイベントも楽しもう!と思っていたのだが。。。
先延ばしになってしまっていたTax returnのお陰で、結局会場へ着いたのは6時頃。
すごい数の人たちが、キャンドルと野外で過ごす時間を楽しみに訪れていて、会場は大混雑。
密かに楽しみにしていた屋台は長蛇の列。忍耐力の無い私たちはここでのディナーはあきらめたが、後で聞いたところによると、食べられるまで2時間かかったらしい。
幸いステージやイベントはまだやっていたので、きれいなキャンドルを眺めながらぶらぶらと会場を歩き、時々会うお友達とおしゃべりを楽しんだ。

火曜日は、『Kids Caper Expo』というイベントへ初参加。
広い公園に、おもちゃやジム用具、動物を触れるコーナーなどが設置され、子供たちが自由に楽しめる。政府が主催していて、無料というのが嬉しい。
人がたくさんいる所が苦手なナッキー、着いてすぐは私にしがみつきっぱなしだったが、初めてやぎ、ひつじ、うさぎに触りニコニコになった後は、ピエロに怯える以外、それなりにイベントを楽しんでいるようだった。
私たちが、木の下でランチをしているとき、あるママが
「2人の子供がいる日本人ママを知っているから、今度うちでみんなで会いましょう。」
と言ってくれ、連絡先を教え合った。もしかすると、来週会えるかも。
その後、このイベントの事を教えてくれたお友達に会い、少し一緒に会場を回ってから、1時間ほどカフェでおしゃべり。楽しい1日だった。

水曜日は、昨日も会ったお友達のお宅へ遊びに行った。
お友達の子供は1才5ヶ月の女の子で、ナッキーも何度か会っている。そのせいか人見知りは無かったが、まだまだ一緒に遊ぶ、という感じにもならない。
それでも1時間もすると、何となく2人で何かをしたり、どこかへ行ったり。
少人数だと、自分を出しやすいらしい。

木曜日は、夫が働いている部署の人が退職するということで、そのお祝いディナーがレストランで開かれ、私たちも参加してきた。それほど大きくない部署らしいが、ほとんどのスタッフが参加、私たちのように家族連れの人もいたので、全部で40人ちょっとが集まっていたと思う。
夫と同じグループで仕事をしている方が、奥様と2人の子供を連れて来ていたので、私たちはそこへ混ざって席についた。
大人数で、他の人と話す事は出来なかったが、雰囲気はとてもよく、食事もおいしく頂けた。
同じテーブルに付いた2人の子供たちはとてもいい子で、ナッキーにお絵描きをしてくれたり、話しかけようとしてくれたのだが、肝心のナッキーは激しく人見知り。いや、怖がっていたのかもしれない。私の胸に顔をうずめ、しがみついたまま。30分以上経って、ようやく少し顔を動かし、私の携帯で小さく遊び始めたが、まだ人には背を向けたまま。
そのまた30分後に、やっと水を飲んだり、ご飯を食べ始め、ようやく笑顔を見せ始めた。
人数が増えると、全くだめなようだ。


人見知りって、変えられるものなのだろうか?

今日ランチをしたカフェでのこと。
隣のテーブルには4人の子供を連れた家族が座っていた。一番下の子(1才半くらい)とお姉ちゃん(4才くらい)が近づいて来て、にっこり。でもナッキーは、テーブルの砂糖で一人で遊び、知らん顔。

いや実は、何かしたいんだと思う。相手をして欲しいんだと思う。でもどうしていいか分からず、わざと一人で遊んでいるふり。緊張し過ぎて涙ぐんでるけど、そんなことないよ、って顔をして、こっちを見てちょっと笑って、一人遊びを楽しんでいるように見せる。

夫も小さい頃は人見知りする子供だったらしい。私もそうだった。いや、今でも少し人見知りする。
だから、私たちはナッキーの気持ちがとてもよく分かっているつもりだ。
そして、知らない人とでも、にっこり笑いあうだけで嬉しい気持ちになる事も知っている。
どうすれば、ナッキーがそれに気づき、自分からできるようになるか。

まずは、私がお手本なんだろう。
だから、目が合った人には出来るだけ笑いかけ、「Hello」と言うようにしている。
次は?
まだネイティブとの会話に自信が無く、後回しにしているプレイグループに参加することだろう。
ナッキーのために、いい加減、その重い腰を上げろ、私!
スポンサーサイト
2007.10.11

自我の目覚め?(ちょっと大げさか)

さてさて、最近困ったちゃんのナッキーだが、つまりは自己主張が強くなってきたってことなんだろう。
数日前から、ナッキーは毎朝自分で服を決めている。
もし聞かずに着せると、知らないうちにそれを脱いでしまい、着たい服を持ってきーきーわめく。
例えば外に行く時、
「今日は、買い物したいからお店に行ってもいい?」
と聞いてからでないと、行きたい方向と違う!と怒りだす。
他にも色々とあるが、とにかく何をするにも、どういう理由があるからこうするよ、と説明し、本人が納得(「うん。」と言う。これが必要。)しないと、物事を進められない。

いや、これは誰に対してもそうするべきなんだろう。
私が、「まだ1才だし。」とナッキーを子供扱いしているから『いちいちしている』と思ってしまうのだろう。
それは分かっているんだけど。。
やっぱり『なまいき!』と思ってしまう(笑)。
でも、歯磨きは自分でするようになった。仕上げ磨きの時も、自分で寝転ぶし(笑)。すぐに嫌がってしまうけど。

ところで、話はころっと変わって。
最近はまっているパンこね。
もう3回、朝食用のパンを作った。
すぐに見れるレシピがこれしかなかったので、「栗原はるみのふんわりパン」。
でもこれ、水分の割に粉の量が少なかったので、「初めはべたつくが」と書いてある通り、いや、それ以上にべたついて、捏ねられない。。(粉をどんどん足した)
しかも1回目はグルテンフラワーを入れ忘れ、2回目はブレッドフラワーのグルテン量を勘違いして12%で計算したため、どちらも発酵がいまいちだった。思ったよりも柔らかくは出来たが。。
3度目に、夫にグルテンフラワーの量を計算してもらい(自分でしろ! 笑)、ようやくいい調子で発酵したが、膨らみすぎたのか、焼いている間にしぼんでしまい、とてもしまったパンになってしまった。
でも、一番楽しい『捏ね』作業ができるから、焼き上がりは二の次ってことで。

2007.10.08

何が欲しい?どうしたい?

最近、いろいろ言葉を覚えてきたナッキー。
「ちょうちょ」
「はっぱ」
「こあら」
「ぷー」(これは状況によって、くまのぷーさんだったり、スプーンだったりする)
と、いい調子で日々語彙を増やしている。
いぬ、ねこ、ぶた、うしなどは、鳴き声を言えるようになった。
ただ、「とり」と「にわとり」の区別がつかないらしく、どちらも「こっこっこ」と言うが(笑)。
そういえば、ねこといぬを見分ける事もできるようになったなぁ。

そして今、私を悩ませる言葉が、
「べたい!」(食べたい、の意)
これが始まると、うるさくてしょうがない。何が食べたいかはまだ言えないので、希望の品が出てくるまで言い続け、ようやく当たりか!、と思ったら、違うものを所望する。。
そのうち泣き始め、「べたい、べたい」の連呼。たぶん本人も、何を食べたいのか分からなくなってるんだろう。私もだんだん冷静さを失い、
「うるさい!」
と怒る事もしばしば。よくないなぁ。
しかもここ数日は、何か気に入らない事があるとすぐぎゃーぎゃーと泣き始め、正直手におえない。
泣き声に疲れてきて、ついイライラしがち。夫にも当たり気味で、悪いなぁと思いつつも、どうにもできず。
う~ん、まいった。
2007.10.07

ついにはまった?

buns1.CIMG0050.jpg

水曜日に、あまったあんを頂いて帰っていたので、今日は肉まんを作ってみた。
頂いたあんは、3個分くらい。プリントの材料は8個分だったので、3個分に計算し直す。
「イースト1.125g」うーん、私の持ってるはかり、ひと目盛りが20gなんだけど、どうしよう。。
1袋8g入りだから、8分の1か。でもどうやって?
と、出だしから悪戦苦闘。
最終的には「だいたい」でボールに入れ、発酵。
だが、30分経っても一回りくらいにしか膨らまない。
「こねが足りなかった?」
ともう一度捏ね直し、さらに発酵。でもあまり変化なし。
仕方ないので、ベーキングパウダーを少し足し、入れ忘れていたスキムシルクも入れて、もう一度捏ね、3個に分けてベンチタイム、そして包む作業へ。
やっぱり、包むの難しいなぁ。雰囲気は出てるか?
2次発酵の後、蒸し器へ入れ、15分。
やっぱり、ふくらみが足りなかったなー。残念。
でも、おいしかった。あんは教室のと同じだからね。

捏ねるのって楽しい。思わず毎日のルーチンにしようかと思うくらいだ。

2007.10.06

今年もフロリアードへ

floriade1.07.CIMG0042.jpg

floriade2.07.CIMG0047.jpg

毎年、「今年で最後かも。」と思いながら来ていたフロリアード。今年は
「来年も来れるねー。」と、とても気軽な感じで見に行った。
毎年、いろんな種類のチューリップが咲きそろい、パンジー、ポピーなども色とりどりでとてもきれいだ。これが無料なのだから、嬉しい限り。
ナッキーは、今日はちょっと疲れていたのか空腹のせいか、機嫌が悪くずっと抱っこでないと泣くので、最近腰痛気味の私にはちょっと大変だったが。

今年は、花と一緒に『オーストラリアの象徴』として、物干のヒルズホイスト、芝刈り機などが置いてあり、ちょっと面白かった。
初めて知ったのだが、飛行機に載せているブラックボックスは、オーストラリア人が発明(開発?)したそうだ。そして、実際の色はオレンジ色らしい。確かにほんとに黒かったら、事故現場で見つけるのはかなり困難だろう。。
今回の展示の中ですごいな、と思ったのは、 War Memorialと、Old Parliament Houseのかなり精巧な砂の彫刻だ。砂と水で作った、と書いてあるので、「雨が降ったら崩れるの?」と心配したが、外側を糊のようなもので固めているので、大丈夫という事だった。
sandophouse07.CIMG0046.jpg


ただ思ったのは、今回のフロリアード、ちょっと花が少なかった?
去年はもう少し見所が多かった気がするのだが、こんなもんだったかなぁ。

2007.10.05

初めてのパン作り(実は2回目)

hamroll.CIMG0038.jpg

グルテンフラワーを友達から分けてもらったので、初めて自分でハムロールを作った。(ほんとの初めては2年前だが、記憶から削除したいので“初めて”ということにする)
急に思い立ったので、ブレッドフラワーではなくプレーンフラワーで、スキムミルクもなし。
心持ちグルテンフラワーを多めに入れ、こね始める。。

10分こねて、まだまだかなー?
15分こねて、もうちょっとかな?
20分こねて、さっきと変化なし?

あー、やっぱりグルテンが足りないか。仕方ないのでそのまま先へ。
一応発酵もしたし、見た目はうまくいってる様子。
焼き上がりも、いい感じ!もしかして、成功?!
と、思ってパンをトレーから取ろうとしたら。。

クッキングシートがパンにぴったりとくっついてはがれない。

底を包丁でこそげるように切りましたよ、6個とも。
上から見れば、分からないし!

でも、おいしいけどやっぱりちょっと違う?
善は急げ?明日ブレッドフラワーとスキムミルクを購入しよう。

2007.10.03

パン教室で肉まん

今日はパン教室だった。今回は肉まん。(「パンちゃうやん」と夫のようにつっこまないこと)
あんは、先生特製の焼豚(多分、これがおいしいポイント 笑)を刻んで、しいたけ、たけのこ、リークなどを炒めて味付け、とろみをつけて、いいにおい~。
生地をこね、発酵させた後、先生が手際よくひだをよせた美しい肉まんを作りだす。
が、これめちゃくちゃ難しい!
ひだを寄せ、肉まんをちょっと動かし次のひだ。。と先生と同じようにしているつもりなのだが、全然違うらしい。
「気持ちはでてるよねー。」
と訳の分からないフォローをみんなで入れつつ、必死になるほど笑いが溢れる、とてもにぎやかな包み作業(笑)。
それでも、3個、4個と回数を重ねるにつれ、うまくなる人も出てきて、
「すごーい。きれー。」
と歓声と拍手。(私は最後まで『気持ち』どまりだった)
そんなこんなで蒸し上がった肉まんは、とてもふわふわでおいしかった~!
夫も、
「日本の豚まん(大阪ではこう呼ぶ)の味がするなぁ。」
と大喜びだった。

2007.10.01

ほんとの積み木。そして「いつもお世話になってます」



トイザラスで$20。
木は軽くて、柔らかく、色もきれいで気に入った!
ナッキーも気に入ったようで毎日遊んでいるが、どのピースを持っても
「ぶっぶー」
全部車ですか。。

うちはカーペット敷きで、積み上げるのが好きなナッキーには条件がちょっと悪い。
でも、積んだものが倒れるのも楽しんでいるので、それは気にしなくてもいいのかも知れない。

この週末は、3連休。でも夫は仕事をしている。
昨夜は、帰宅するなり
「DVD借りに行こう。気分転換が必要や。」
と言うので、近くに出来たレンタル屋さんへ。
私 「何がいいかなぁ。ラブロマンスで気分変わる?」
夫 「ヒューグラント?無理。」
私 「スターウォーズ?」
夫 「好きやけど、気分じゃない。」

などと、いいながら店内をうろうろ。そして手にしたのは、Ben stiller とOwen Wilsonの新作。
この2人には、いつもお世話になっている私たち(笑)。今回も彼らに笑わせてもらうことにしよう。

昨夜見たのは、Ben Stiller の「Night at the Museum」。
タイトルから、もうばかばかしい。でも、テンポよく話は進み、かなり面白かった。

今晩はOwen Wilsonだ。よろしく。

ned.CIMG0032.jpg

私の帽子をかぶっているナッキー。(これを見て、ネッドケリーを思い出した。)
でも自分の帽子(手に持っている方)は、嫌い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。