FC2ブログ
2007.11.26

お友達とバーベキュー

bbq.CIMG0004.jpg

昨日、パン教室や英語教室で知りあったお友達家族みんなで、BBQをした。子供も入れると19人が集まり、賑やかに飲んで食べて遊んで、天気のいい午後を楽しんだ。

最近人見知り&場所見知りの激しいナッキーは、この日も着くなり私にしがみつき、離れる気配無し。時々他の子と遊ぶも、すぐに私の所へ戻って来てしまい、ほとんどずっと抱っこで過ごした。夫に
「すぐに抱っこするから余計に離れへんのちゃうの?」
と言われたが、家の中ならともかく、外で泣かせっぱなしにするのはなかなか難しい。どうしたもんかねぇ。

スポンサーサイト
2007.11.24

ついにTVがやってきた


今の家に引っ越して来てから6ヶ月間、TVのない生活をしていた。
特に急ぎで必要なものでもないし、夫が
「TVがあるとどうしても付けてしまうから、しばらく買わんといて。」
という要望もあり、ずっと買わずにいた。
ところが先日、少し部屋の模様替えをすると、ソファの前にTVに調度いいスペースが。そしてムクムクと湧き出てきた、TVを見たい!という欲望(笑)。
そしてついに先週の日曜日、TVを購入。
その日はとても暑く、何件も電気屋さんを回って疲れ果て、大きなブラウン管のTVを持って帰る体力も気力もなくなってしまい、なんと液晶TVを買ってしまった。
$100を超える新品を買ったのは、今回が初めて。
「ソファと壁との距離が近いから、液晶でないと画面が近すぎるしな~。」
と自分たちに言い訳しながら、実はかなり嬉しかったりする私たち(笑)。
ま、液晶といっても、DSEのなんだけど。

そして、1年半前に買った、これまたDSEのDVDレコーダーをセッティングするため、この土曜日に棚のパーツを買って来て組み立て、こんな感じになった。


ナッキーも大喜び。だけど一人じゃ見ないので、TVに子守りをさせるのは無理だな。ちょっとがっかり。(笑)

2007.11.23

うどん教室

先週、初めてうどんを習って作って来た。(夫は「パン教室はうどん教室に変わったの?」といらんつっこみを入れてきたが、当然無視した。)
行程は、粉を塩水でこね、足で踏んで寝かせて、延ばして切って、ゆでて、食べる。
でも、寝かせるのに2、3時間かかるので、教室で自分が作った生地は持ち帰り、教室では、先生が作った生地を延ばして、切って、ゆでて頂く、という流れだった。
同時にめんつゆと温泉たまごも作り、そのまた同時に先生がてんぷらまで作ってくださり、なんとも豪華なうどん!
こっちで売ってるのとは全然違ううどんに、びっくり。こんなにおいしいうどんは久しぶり~。
むかし友人と行った、讃岐うどんツアーを思い出す。。(波に乗せられやすい私 笑)
この日持ち帰った生地は、翌日の夕飯に。冷たいうどんにして、上に具をのせて、ちょっと冷麺風?
麺の表面が心持ちざらついてて、足踏みが足りなかったのかな?と思ったけど、めっちゃおいしかったー!
夫に感想を聞くと、
「おいしかったよ。麺が長かったけど。」
麺が長い、って。。そんなこと言われるとは思ってなかったよ。

この前の水曜日、生徒さんが一人来れなくなったということで先生からお誘いを受け、またうどん教室に参加。
ナッキーは、大好きな友人のお子さん達に遊んでもらって、ご機嫌だった。
今回は足踏みをしっかりめに。そして、形も四角くなるように努力した(笑)。
教室で頂くうどんは、とってもおいしい。みんなで「おいしいね~」と言いながら頂くので、さらにおいしい。
持ち帰った生地は、昨日の夕飯に。昨日は雨で寒かったので、今回はあったかいうどん。
だしをとるのと、具にもなるので干ししいたけを入れ、温玉も作った。
麺をゆで、夫が帰ってくるまでざるに上げておき、帰って来てからお湯を掛け温め直し、あったかうどんを家族でもぐもぐ。
夫に「どう?」と聞くと、
「しいたけなんて、いつ買ったん?」
え、ちょっと前に買ってたけど。。
「お箸(滑り止め付き塗り箸)だと食べにくいな。割り箸いる?」
いえ、私はこれでだいじょうぶです。。

私 「あの~、うどんの感想は。。?」
夫 「おいしいよ。でも外で食べるうどんと何が違うんやろ。自分はどう思う?」

え、いきなり反省会ですか。。?
ちょっと、だんごっぽい。。かも。。?
夫 「そうやろ。粉って何使った?日本のと一緒って、何パーセントってところまでぴったり一緒?」

何なん、この人。
腹が立つっていうより何だか悲しくなって来て、思わず泣いてしまった。あ~あ。
夫は、「今後のさらなる上達のために」アドバイスのつもりだったらしいが、もうちょっと言葉を選べっての。
次に作ったときは、全部自分で食べてしまおうっと。

一緒に「おいしいねー」って食べたかったのになぁ。


2007.11.12

雅楽コンサート

昨日、初めて雅楽のコンサートへ行った。
数年前に、東儀なんとかさんがメディアにでるようになって、楽器やその音を聞くようにはなったが、私にはまだまだ遠い存在だった。

NSWに、アマチュアだが雅楽のグループがあるという。10周年記念にグループの地元カウラ、キャンベラ、そしてシドニーでコンサートをするという広告を夫が職場で手に入れ、入場無料ということもあり、出掛けてみた。

会場は、ホールではなく会議室のような部屋に、小さなステージを作った小規模なものだった。そこにいすを100席ほど並べた、小さなコンサート会場。
それでも1/4は空席。もっと宣伝しないと!と夫と話しながら、始まるのを待っていた。
ナッキーは、ドレスアップした(衣装も雅楽のものを着用していた)演奏者を見かけて泣き出したが、幸い始まる直前にお昼寝。
初めに雅楽とその楽器の説明があり、それから演奏、休憩を挟んで舞いもあり、なかなか見応えのあるコンサートだった。
もちろん音楽は単調だし、舞いもシンプルではあるが、一見の価値あり。
コンサート終了後、片付けをしている団員さんに楽器や演奏の仕方などを聞いたり、実際に触らせてもらったりと、雅楽を堪能したひとときだった。

カメラを忘れたのが、残念。。

2007.11.08

すしロール教室

11月6日は、メルボルンカップの日だった。
この競馬は毎年11月の第一火曜日に開催され、メルボルンでは祝日になっている。
みんな仕事をしないので祝日にしちゃった、ともいえるか?
それが何と今年から、キャンベラも祝日になったのだ。何でギャンブルの日が休みなんだ?
しかも火曜日。月曜日に休みをとって、週末から4連休にする人も多かったらしい。
夫は月曜日も出勤したが、
「火曜日が休みなのは、よくない!今週は仕事にならへんわ。」
とぶつぶつ言っていた。ま、そのうち月曜日も休みになるかもね。

この日は夕方から、パン教室の先生宅へお邪魔した。
7日にコミュニティーセンターで、先生が巻き寿司教室をすることになり、私を含め4人の生徒がお手伝いをするので、そのリハーサルと打ち合わせをするためだった。
祝日ということもあり、練習用に作った巻き寿司をだんな様も含めみんなで頂こう、という先生の提案で、夫も一緒にお邪魔し、ナッキーの相手をしてもらった。
私たち女性陣がキッチンで翌日の段取りと練習している間、男性陣はビールを飲みながら、自分の研究の話やら何らやをしゃべっていたようだ。
そして、作った巻き寿司に加え、先生が手際よく作ったマカロニグラタンとサラダ、ビールにワインがテーブルに並び、みんなでディナー。
食べ終わった後も話は続き、アルコールを買い足し(笑)、気がつけば12時!
。。。まだ火曜日なのに。やっぱりこんな中途半端な日に祝日はよくない。
でも、楽しかった~。大勢で頂くご飯はおいしいね。

そして、昨日。
先生のてきぱきとした英語の説明と指導で、教室は大成功だった。
参加者は10人、どの人も意欲的で、日本の巻き寿司を楽しんでくれたようだ。
私たちも準備や洗い物、お寿司を巻くところを手伝い、微力ながら役立てたかな?

ナッキーは、初めは私にしがみついていたが、私がばたばたしていて相手にしてもらえないと分かったのか、そのうち部屋にあったおもちゃで遊んだり、先生や他のお手伝いのお友達に相手をしてもらって、楽しく遊んでいた。
帰りの車で一人になって寂しくなり、大泣きするほどみなさんが大好き。
すし教室に加え、ナッキーのケアまでして頂き、ほんとにありがとうございました。

それにしても、人に何かを教えるということは、なかなか難しい。
まず、自分の基準がしっかりあることが大前提。そして、必要な場面での的確なアドバイスと、「こうだ」と断言できる自信がないと、信用されない。
信用されないと、相手が聞く耳を持たなくなり、教えることは出来なくなる。
いつの時代も、「先生」というのは尊敬されるに値する、大変な仕事なんだなぁ。