FC2ブログ
2008.02.28

お別れ会

2週間後にキャンベラを出る友達がいるので、昨日のお昼に集まって『お別れ会』と言う名目の集会(笑)。
10人くらい(もっといたか?)と、子供も5人いたのかな?きゃーきゃーわーわーと大人も子供も大騒ぎで、思わず、何で集まったかを忘れるくらい(笑 主役ごめんね~)。

途中、集まったお宅のだんな様が一旦帰ってこられ、ちょっとびっくりしていたのが、夕方に仕事を終えて帰宅されて、私たちがまだいる(しかも人数が増えていた 笑)のに、さらにびっくりされていた。入り浸っていてすみません。。

今日の主役にはまだ来週も会えるのだが、やっぱりさみしいな~。

この日、パワー有り余る子供たちのうち、特にやんちゃなナッキーは、友達の大事なおひな様をソッコーで破壊。。頭についていた飾りを折ってしまった。瞬間接着剤でくっつけたが、頭がボンドでてかってる。。
そして、テレビのリモコンも行方不明になっているらしい。。
ほんとうにごめんなさい!

スポンサーサイト



2008.02.23

バーベキュー

昨日の夕方から、友人宅のお庭でバーベキューを楽しんだ。天気が心配だったが、暗くなる頃にぱらぱらと降っただけで、大丈夫だった。バーベキュー以外に、みんなで1品持ち寄ったので食べるものは十分。もー、食べられるだけ食べてきたって感じに、お腹いっぱいになった(笑)。
この友人宅には広いお庭とテラスがあって、すごく快適。もうすぐこの友人夫婦はキャンベラを去ってしまうので、もうここにも来れないのか~、とちょっとしみじみしてしまった。
そんな中、子供たちはその辺を走り回り、キャーキャーと大騒ぎしながら、とうもろこしにソーセージにすいかに、ときっちりおなかも満たして大満足なご様子。

みんなで集まってご飯を食べたりおしゃべりをするのは、ほんとに楽しいことだと、キャンベラに来て知った気がする。
日本にいた頃も友達と集まっていたが、それはどこかの居酒屋とかレストラン。たばことお酒に囲まれて、うだうだとしゃべる感じ?(笑)
ここではもうちょっと健康的な雰囲気があって、お酒も適量で楽しい。だから好きなのかな。

2008.02.20

プレイグループ

今日初めて、やっと(笑)、プレイグループに参加した。
近くの教会で、毎週水曜日の午前中。とりあえず始まる時間に行ってみて、
「今日から参加してもいい?」と聞くと、気軽にOK。
前に言われた、「waiting list」は何だったんだ?(このグループじゃないけど。)

集まったのは15家族くらいかな?子供たちは、下は5週目(!)から3才くらいまで。
普段は、部屋の中でおもちゃで遊んだり、歌を歌ったりするらしいが、今日は、外で水遊びの日だった。子供たちは水着になったり、ナッピーのみになったりして、水とおもちゃで楽しそうだった。
ナッキーは、濡れるのがちょっといやっだったのか、部屋に入っておもちゃで遊んだり、外のテーブルで粘土遊びをしていた。
おやつの時間の後、みんなで歌を歌ったり、お話の時間もあって、なかなかきちんとオーガナイズされていた。
ママさんたちはほとんどがオージーだけど、アジア系も2、3人。今日は来てなかったけど、日本人の方もいるらしい。

ママさんも言っていたが、このくらいの年齢の子供は、特に誰かと遊びたいと言う訳ではないらしい。ナッキーも、一人であっちで遊び、こっちで座りと気ままに過ごしていたし。
それでも最後の方には、ようやく水で遊び始め、終わりの時間になっても帰りたがらないくらいだった。

今日行って思った事。
初めての場所で不安なのは、ナッキーではなく、私の方だ(笑)。
いやー、何かよく分からんけど、緊張したよ。
次は、もっとママさんたちとおしゃべりしよう。。がんばれ、私。。

2008.02.19

あら、がっかり

今朝散歩に出た時、近くのプリスクールが開いていたので、ちょっと近づいてみた(笑)。
先生と思われる方に、
「うちの子、今2才で、今年の終わりに3才になるんやけど、来年からここに通える?」
と聞くと、年齢は4月で区切るらしい。だから、あと2年待たないとだめだって。
なーんだ、来年2月から来れるんだったか?と、ちょっとワクワクしてたのに、がっかり。
本気でプレイグループ探さないとね。(まだやったんかい!)

2008.02.17

もうすぐ泳げる?

昨日の夜、無事に夫が帰宅。空港へ迎えにいったとき、ナッキーは夫に抱っこされて泣いた(笑)。人が多かったせいで、車へ戻るときには笑っていたが。

今日は、マーケットへ買い物に行ってから、プールへ。ナッキーは「プー、プー」「ばちゃばちゃ」と大喜び。
今回は、プールに着くなり入りたがり、抱っこで2往復くらいした。
次のステップとして、脇に抱えるように支え、顔は上げたままだが泳いでる風。手足を動かすように言い、手は犬かき、足はバタ足を時々していた。

次は顔を水につけてみる?

2008.02.14

持ち寄りランチ



今日は、お友達のお宅に6人集まり、みんなで持ち寄りランチ。
みんなお料理上手で、すごくおいしいかった!ナッキーも、何回もおかわり。
女3人寄れば。。などというけど、6人も集まれば、おしゃべりに花が咲くというか、もはや誰にも止められない状態(笑)。
気づけば5時半で、おいとましましょう、と言いながらもまだしゃべっていて、結局車に乗ったのは6時前。
ナッキーは、トランポリンが相当気に入ったらしく、ずーっとピョンピョン。みんなにも遊んでもらって、大興奮してとても喜んでいた。

みんなで集まって、食べたりしゃべったりはとても楽しくて大好き。
でも、集まった6人のうち3人は、もうすぐキャンベラを離れてしまうので、とても残念だなぁ。

2008.02.13

謝罪の日


オーストラリアの首相が、初めて先住民(主にアボリジニ)の人たちに公式謝罪をする、という。
毎年この日、首相が「Sorry」と言うかどうか注目されながら、ジョンハワードは決してこの言葉は使わなかった。
先住民たちは、入植した白人の政策により、差別を受けただけでなく、子供を親から引き離し白人の教育を受けさせたり、白人との混血を強制されたりした。特に1910~1970年の年代の先住民は『ロストジェネレーション』と呼ばれ、国に謝罪を求めて戦っていた。
それが今日、聞けるのだ。

もちろん、オーストラリア人の中にもこれに対して賛否両論あるようで、みんながみんな、よかったね、と言う訳ではない。それに、謝ったから終わり、ってものでもない。
それでも、先住民の人たちは「Sorry」の言葉が必要だし、それを公式にすることは、やっぱり国として必要なことだろう。
補償はしてるんだから、言葉は別にいいでしょ、というのはあまりに自分勝手だ。

この公式謝罪はテレビで中継される。(学校、職場などで時間を割く事も許可されていた。)だから、うちでそれを見てもよかったのだが、私はこの『The Apology』に対する、他の人の反応を見てみたいと思った。
キャンベラには国会議事堂があるので、そこへ行くのが一番いいだろう。でも、ものすごく混んでいることは容易に想像できる。
博物館で働いている友達が、「博物館でも見られるよ。」と教えてくれたので、そこへ行った。
大きなスクリーンの前にいすが並べられていて、ドリンクも飲めるようにセッティングされており、友達とコーヒーを飲みながらちょっと話をし、やがて時間になった。

ケビンロッドの演説(議案)は、私にも大体分かるくらいシンプルな言葉で綴られており、『ロストジェネレーション』に対する「Sorry」も何度も出てきた。
拍手をしながら、少なからず感動した私は、涙ぐみ鳥肌が立った。
会場も、静かだが感動した雰囲気だったように思う。テレビに映る先住民の人たちは、泣いている人もいたが全体的には冷静に聞いているようだった。

野党側の議案もあったのだが、いかにも『政治家』なイマイチな内容だったし、ナッキーも座ってるのに飽きてきたころだったので退席。

今日の謝罪は「第一歩」で、これから解決、改善していくことは山積みだろう。
でも少なくとも、まずは1歩進んだ。この『0』と『1』の差は、途方も無く大きい。



ミュージアムの裏でおやつ。落としたビスケットを食べにきたカモメに「もっとくれ」と鳴かれ、びびっているナッキー。



2008.02.11

筋肉痛

前の土曜日、洗濯機の排水口が詰まった。原因は私だ。
ナッキーの座布団を洗おうと、洗濯機に突っ込んだのが悪かった。
脱水の時、洗濯機の内側に引っかかり、布が破れ、中の綿が出てきてしまった。
座布団は再生不可能な状態になっていたが、洗濯機はそれほどひどい事になってるとは思わず、見える所の綿を取り、もう1回残りの洗濯を始めた。
ところが、1回目の脱水が始まった時、水が外に『ジャーッ』と流れ出てきた。
あわててスイッチを切り、中をのぞくとまだまだたっぷり入っている水。しかも洗剤入り。。 洗濯物はバケツに取って軽く水洗いし、手絞り。残った水は、 幸い、庭に蒔いても大丈夫な洗剤を使っていたので、ボトルを使ってバケツに入れ庭の木へ。
水浸しの床を拭き、洗濯機を倒して排水ホースを取り、水を流して中をチェックしたが、ホースは問題無し。
本体の排水口を見ると、ありました、綿が。。ねじ回しでサザエを引っ張り出すように綿を取り、また元通りにセッティング。
使えるかどうか、試しにまた洗濯物を入れ、すすぎから脱水までやってみたら、今度は無事終了。あぁ、よかった。

でも、水をバケツに入れる時、残り少なくなると取りにくく、洗濯機を傾けコップですくったり、洗濯機を倒したり元に戻したりと力仕事をしたせいか、体が筋肉痛。
特に右前ももがひどくて、車を運転中、クラッチを踏むたび、
「痛い。。」
しかも今日、左手を2カ所も切って絆創膏だらけ。これも痛い。。

私、満身創痍で留守番中(笑 大げさ)。

2008.02.10

女2人の週末

3日前から、夫は学会のためタスマニアへ行った。帰って来るのは次の土曜日の夜。約10日間、ナッキーと二人きりの生活だ。
夫が出掛けた夜は寂しかったが、2、3日経つと、
「こりゃ気楽だわ。」
と気づく私(夫、ごめん)。
しかし、夫がいないだけで夕飯を作るモチベーションがこんなに下がるとは。。(笑)。それに、夕方ガレージの門を閉め、戸締まりをすると、ちょっと「ほっ」とするのは、若干の不安もあるからだろうか。やっぱりいてくれる方がいいな。

今日は特に何も予定がなかったので、近くの湖に遊びにいった。ここには公園もあるので、ナッキーも遊びたい放題。芝生もあり、ゆっくり寛ぐのもOK。
お昼前に着いて1時間くらい遊んだ後、ランチを食べるため芝生へ移動しようとしたが、ナッキーは
「ここ。」
と、公園の敷地から出ようとしない。
「ご飯食べたら、また来ようよ。」
と言っても、「ここ(で食べる)。」
仕方なく子供たちが走り回るのを目の前に、しゃがんで食べさせた。
その公園では、たくさんの子供たちが遊んでいて、ナッキーは人が集まっている所に行っては一緒に走ってみたり、顔をのぞいてみたり(ほとんど相手にされないのだが)。
ナッキーはすべり台が大好きで、何度か公園で他の子と混じって遊んでいるので、かなり『ルール』を理解してきたようだ。あとは、コミュニケーションがとれるかどうか、がポイントか。
うちでは日本語のみにしているけど、よく考えれば来年の2月から幼稚園に入れられるはずだし、英語も使うようにした方がいいのか。。?う~む。

2008.02.04

プールって楽しい!?

土曜日の午後、買い物から帰宅したときに夫がナッキーに
「プールのすべり台行く?」と聞くと、
「プー(ル)!」
でも私も泳ぎたかったので、
「大きい方(AIS)のプールでもいい?」と聞くと、
「うん。」
と了解を得たので、3人で出掛けた。
本当は、行く前にナッキーにお昼寝をさせたかったが、
「プー!プー!」
と興奮していて全然ダメ。

ナッキーは、行きたがるくせにいざプール!となると、「いやー。」
いつものことなので、夫と私が交代でナッキーを見ながら、それでも徐々に水に近づくように仕向けていった(笑)。
夫がプールからナッキーを呼び手を延ばしたりすると、プールサイドぎりぎりまでは近づけるようになったので、『そろそろいいかも。』と思い、ナッキーを夫へ渡した。
ここは普通のプールで、水深は1.2mくらいでナッキーは立てないので、すぐに私もプールに入り、泣くナッキーを抱っこしたが、水がいやー、と言う感じで、泣き止まず。抱っこのまま15mくらい水の中を動いて、すぐ出た。
その後また私と夫は普通に泳いで、そろそろ帰ろうかな、と言う所で、もう一度さっきと同じようにナッキーを水に入れてみた。
また最初は泣いていたが、私と夫がけらけら笑っていたら、ナッキーも笑い出した! 小さい男の子も近くにいたので、それがプライドを刺激したかも?あるいは、昼寝無しで疲れてて、よく分からなくなっていたのかもしれない(笑)。
私たちはそのままそのレーンをうろうろと往復し、ナッキーは水に浸かってる状態に少し慣れたような気がする(私から離れようとはしなかったが)。

よし、この調子だ!

2008.02.01

2年ぶり!

2年以上前にチェリーピッキングで知り合ったお友達が、近所に引っ越して来た!車で2分、歩いても行ける距離だ。
早速うちに遊びに来てくれて、会っていたなかった時間を埋めるがごとく話をした。彼女も大阪出身なので、大阪弁で話せるのも嬉しい。
前に会ったときはナッキーはまだおなかにいたので、二人は初対面。ナッキーはやっぱり泣いたが、帰る前になるとニコニコ顔になっていた。
また会おうね~!