FC2ブログ
2008.10.29

ナッキーの欲しいもの

最近のナッキー、自転車が欲しくてたまりません。

一番小さいサイズは3才くらいから乗れるようなので、時々お店で乗せてみて様子を見ています。
ただ、三輪車に乗った事が無いので、ペダルをこぐのが難しいみたい。これは慣れなので、買ってから練習すれば大丈夫だとは思うのですが。
でもやっぱり、もう少し体が大きくなった方が扱いやすいだろうし、脚の筋力ももっと必要かなぁ、と言う事で、前の週末は
「もうちょっと大きくなったら、買おうね~。」
と先延ばし。ナッキーも、乗ってみてまだ難しいな、と思ったらしく
「もうちょっとおおき(く)なったら、じ(て)んしゃのれるかな。」
と納得。

それ以降、夕飯を食べるときにあまり食が進まないナッキーには
「それ食べないと大きくならへんで~。」
というと、がんばって食べてくれたりします。
そして全部食べると、
「おおきなった?」
とおなかを見せます。
いや、おなかの大きさと自転車は関係ないと思うのですが。。(笑)

スポンサーサイト



2008.10.19

お茶会

8月から通い始めたお茶クラブ(といっても、先月は休んでしまったので、実質は2回目)、今月は先生のお宅で「模擬お茶会」でした。
濃茶席では桜餅とおいしいお濃茶を頂き、薄茶席では正客さんをさせて頂いて、教えて頂きつつ、これまたおいしい落雁とお薄を頂きました。あぁ幸せ。
そして、先生の手の込んだ昼食をみんなで頂き、おしゃべりに花を咲かせました。

来月はお休みだそうですが、12月のおけいこは忘年会も兼ねるということで、今から楽しみです!(どっちもね。 笑)

2008.10.18

両親とオーストラリア旅行

私の両親が日本からオーストラリアへ来ました。
父は初めて、母も私の出産時に3週間キャンベラにいましたが、それ以外の場所は初めてということで、シドニー、キャンベラ、そしてケアンズへと10日間のホリデーを過ごしました。

シドニーでは、サーキュラキーで定番の景色を眺め、ダーリングハーバーで水族館や生物館、そしてブルーマウンテンズの半日ツアーを楽しみました。
シドニーに住む私のいとこ家族にも会う事ができ(家に押し掛けたんだけど 笑)、のんびりしてもらおうと思いつつも忙しい3日間でした。

そしてキャンベラでは、最終日のフロリアード、「バーベキューがしたい」ということでレイクギニンデラでBBQ、キャンベラ観光として戦争記念館、ギャラリー、国会議事堂へ(会期中とは知らずに行き、警備が厳重でびっくり)。
もう一つの希望「オージービーフを堪能したい」は、マーケットでステーキを買って来てうちで焼きました。一人220gはあったはずですが、みんなきれいに平らげました。

最後はケアンズ、に着く前にハプニング。
キャンベラを発つ朝、頼んでいたタクシーが来たものの、リクエストしたバンではなく普通のセダン。私たち5人とスーツケース3つは乗らないでしょ!と怒りつつ手配を頼んだものの、なかなか来ない。やっと来た!と乗り込んで空港に着いたのはフライトの30分前。その時間では荷物をチェックイン出来ないので、買ったフライトには乗れませんでした。。
ブリスベンで乗り継ぎだったので、その時間に間に合う便を探してもらったけど無く、やや暗―い雰囲気に。
結局、両親に新たにチケットを買ってもらい、ケアンズへ行く事にしました。(あぁ、大失敗。申し訳なかったなぁ。)

ケアンズに着いた日は小雨がぱらついていましたが、翌日からは晴れ。グリーンアイランドで両親はシーウォーカー、私と夫は2回目の体験スクーバ。ナッキーもプールで大はしゃぎ。翌日はロープウェーと汽車でクランダ観光。シーフードもたっぷり頂きました。

あまり上手くオーガナイズできなかったけど、最大の目的「ナッキーと遊ぶ」はクリア出来たかな(最低限、とも言う? 笑)。

とても楽しい10日間を過ごしました。両親に感謝です

Posted at 14:27 | Holidays | COM(2) | TB(0) |
2008.10.03

お初にお目にかかります。

昨日の午後、2人の赤ちゃんに会ってきました。

一人は、もう3ヶ月だけどまだ会いに行っていなかったW君。
おめめパッチリで、かわいい~。音楽に合わせて手足をちょこちょこ動かして、ダンスしていました。ナッキーも、嬉しそうに頭をなでなで。

2人目は、産まれたてほやほや、1週間のしょうちゃん。
ちいさい~、軽い~、と大興奮してしまいました。あの新生児の泣き声の懐かしい事!(笑)今じゃ、あれくらい泣いてるうちには全然入らないなぁ。
あまりに小さいので、ナッキーも興味はあるものの触る事は控えているようでした。

赤ちゃんって、見てるだけで幸せな気持ちになりますねぇ。
そして、2件のお宅でおやつをたくさん頂き、ほくほくのナッキー(笑)を見てるのも、いいものです。

2008.10.02

小石が取れな~い。。

夕方、私がメールチェックしている時にナッキーはTVを見ていました。
すると突然大号泣。どうした?と思っていると、
「いし、とれない。。」
と、鼻を指差す彼女。おいおい、まじでー。。と覗いてみたけど、よく分からない。
「もう取れたんちゃう?」
と流してみたけど、また
「いし、あるー。」と大号泣。

鼻からふんっと空気を出させたり、ジャンプさせたり、頭をはたいたり(笑)、ピンセット、耳かき、鼻づまりをとるスポイトも使ってみたけど、どれもだめ。
道具を使うと痛いので、そのうち
「このままでいい。」
とナッキー。いやいや、あかんから!

車もなかったし、夫に電話で話をすると、
「分かった。。今から帰るわ。」
と、5時前に帰宅し手くれた後、石を取ろうと私と同じ事をして(笑)、ナッキーまたも大号泣。

どうにも取れないし、5時を回っていたので、病院のエマージェンシーへ。
いつもどおり2時間待たされた後、ようやくドクターにたどり着き見てもらった結果、
「薬で眠らせて、針か何かで取りましょう。」
準備で待っている間にうとうとしているナッキーの太ももに、薬を注射し、台へ。ちょっとえらい先生もヘルプで来てくれ、石を引っ掛ける針を用意。
鼻の穴を筒状のピンセットで広げ、隙間に針を入れて、石を奥から手前に引っ掛けて出す、といった方法でした。
ぐったりと寝ているナッキーを見ると、何とも痛々しく、石が取れた時は本当にほっとしました。

その後、本来なら薬が切れて目が覚めるまでドクターとナースが見てくれることになっているのですが、すでに時間は夜10時。お疲れのナッキー、目覚める様子がありません。
もう既に薬は切れて、ただ寝ているだけでしょう、ということで、帰宅することにしました。
帰りに夕飯を調達しにスーパーへ寄ると、ナッキーもぼんやりとお目覚め。でも言葉はやや不明瞭で、体に力が入らなくて首もぐにゃぐにゃ。

お水と少しだけご飯を口にしたけど、フラフラしたままで、とりあえず就寝。
ところが30分も経たないうちに、寝たまま嘔吐。
夫も私もあわてて起き、体を拭いたり片付けたりしている間、ナッキーは超ご機嫌で歌を歌ったり、ごろごろ転がったり。。
「酔っぱらいがいる。。」
と、夫とため息をつきつつ、しばらく様子を見て、大丈夫になったところでまたベッドに入れると、今度は翌朝までぐっすり。
朝も、いつも通りちゃんと自分で歩いて起きてきました。あぁ、よかった。

ほんと、ナッキーのお陰でいろんな体験ができます。。