FC2ブログ
2008.10.02

小石が取れな~い。。

夕方、私がメールチェックしている時にナッキーはTVを見ていました。
すると突然大号泣。どうした?と思っていると、
「いし、とれない。。」
と、鼻を指差す彼女。おいおい、まじでー。。と覗いてみたけど、よく分からない。
「もう取れたんちゃう?」
と流してみたけど、また
「いし、あるー。」と大号泣。

鼻からふんっと空気を出させたり、ジャンプさせたり、頭をはたいたり(笑)、ピンセット、耳かき、鼻づまりをとるスポイトも使ってみたけど、どれもだめ。
道具を使うと痛いので、そのうち
「このままでいい。」
とナッキー。いやいや、あかんから!

車もなかったし、夫に電話で話をすると、
「分かった。。今から帰るわ。」
と、5時前に帰宅し手くれた後、石を取ろうと私と同じ事をして(笑)、ナッキーまたも大号泣。

どうにも取れないし、5時を回っていたので、病院のエマージェンシーへ。
いつもどおり2時間待たされた後、ようやくドクターにたどり着き見てもらった結果、
「薬で眠らせて、針か何かで取りましょう。」
準備で待っている間にうとうとしているナッキーの太ももに、薬を注射し、台へ。ちょっとえらい先生もヘルプで来てくれ、石を引っ掛ける針を用意。
鼻の穴を筒状のピンセットで広げ、隙間に針を入れて、石を奥から手前に引っ掛けて出す、といった方法でした。
ぐったりと寝ているナッキーを見ると、何とも痛々しく、石が取れた時は本当にほっとしました。

その後、本来なら薬が切れて目が覚めるまでドクターとナースが見てくれることになっているのですが、すでに時間は夜10時。お疲れのナッキー、目覚める様子がありません。
もう既に薬は切れて、ただ寝ているだけでしょう、ということで、帰宅することにしました。
帰りに夕飯を調達しにスーパーへ寄ると、ナッキーもぼんやりとお目覚め。でも言葉はやや不明瞭で、体に力が入らなくて首もぐにゃぐにゃ。

お水と少しだけご飯を口にしたけど、フラフラしたままで、とりあえず就寝。
ところが30分も経たないうちに、寝たまま嘔吐。
夫も私もあわてて起き、体を拭いたり片付けたりしている間、ナッキーは超ご機嫌で歌を歌ったり、ごろごろ転がったり。。
「酔っぱらいがいる。。」
と、夫とため息をつきつつ、しばらく様子を見て、大丈夫になったところでまたベッドに入れると、今度は翌朝までぐっすり。
朝も、いつも通りちゃんと自分で歩いて起きてきました。あぁ、よかった。

ほんと、ナッキーのお陰でいろんな体験ができます。。

スポンサーサイト