FC2ブログ
2010.11.28

こうちゃん、かっこいいやん?

夏が近づき暑くなってきたと思ったら、敏感肌のこうちゃんのおなか、背中、頭にあせもが発生。
幸いここ数日涼しいのですが、いきなり暑くなるとまたあせもマンになってしまうので、こうちゃんの髪を短く刈ってしまうことにしました。
「髪刈りセット」を購入、24点セット$23.95。
ハイチェアもどきに座らせ、ケープを付けて(これもセットに入ってた)、夫が刈ります。私となっちゃんは、こうちゃんの目の前におもちゃや雑誌の写真を見せたりして、気を紛らわせる係(笑)。
始めのうちは静かに座っていましたが、刈った髪が落ちてくるのを怖がって、大声で泣き始めてしまいました。
それでも器用な夫、なかなかの出来映えです!


そして、私がこうちゃんをシャワーに入れたり、着替えたりさせている間に、夫、自分で自分の髪を刈ってました!
裾とか、自分ではやりにくい所は私が手伝いましたが、ほとんど自分で刈って、まぁまぁのでき。Just Cutで切るのと変わらない?ほんまに器用な人やわぁ。

2人でスッキリ。でも翌日から雨続きで涼しい(寒い?)1週間。風邪引かないでね(笑)。

スポンサーサイト



2010.11.25

小学校

11月24日 なっちゃんの学校決定。

今月初め、本格的に来年からのなっちゃんの学校探しを始めました。(遅っ!)
私たちのビザは一時滞在者用なので、公立といえど学費がかかります。始めは私の勘違いで9500ドル掛かると思っていたのが、実際は4500ドル。それでも大きな額です。同じお金が掛かるなら私立に入れる?とも考えましたが、どこがいいのか、色々調べたり出掛けたりする時間もないので、現実的に考えて、結局近い所の公立に入れようということに。

私たちが住んでいるサバーブには2校あり、校区の学校は歩いて5分の所ですが、たまたま近所の公園で出会った日本人ママの話を聞いて、もう1校(north)もいい感じ?と思い、両方にコンタクト。事務の対応の早さで、north小学校の好感度アップ。オリエンテーションがあると教えてもらったので、行ってみました。こちらはちょっと遠くて、歩くと30分くらい掛かりそう。

なっちゃんは体験クラスに参加。今までは、初めての所でひとりにされると泣くのが定番でしたが、何とこの日は泣かず!
その間、保護者は体育館で学校の説明などの話を聞きました(私はこうちゃんの相手で外に出ていたので、夫が聞いてくれました)。校長先生は、器の大きい感じの女性で、ますます好感度アップ。校舎はどこも同じくプレハブで古いですが、校庭は芝生で広々、子供たちも保護者の方も、何となく良さげ(思い込み? 笑)。

2日後に、近い方の学校でもオリエンテーションがあったのですが、夫も私も、心はnorth小学校。
「近い方は、グランドが狭いし、学校正面がショッピングエリアで車も多くてごちゃごちゃしてるし、学校の雰囲気がイマイチ?」
「northの好印象を上回る何かが、近い方の学校にある?」
なんて話になり、結局オリエンテーションに参加する事なく、north小学校に入学手続きをしたのでした。

一時滞在者は、「入学許可証」をオーストラリアの文部省からもらう必要があります。その際に学費も納めるのですが、夫は学費免除の申請もしていました。
数日後、学校から「許可証を受け取ったので、来年入学できます」と連絡を受けました。何とすんなり来年度の学費は免除され、支払ったのは事務手数料の110ドルのみ。ラッキー(笑)。さすが夫、やってみるもんですね。

とりあえず制服も買ったし、なっちゃんも今から楽しみにしています。


2010.11.25

バレエ発表会

11月21日 初めてのバレエ発表会
101121nastu_ballet_c1.jpg

なっちゃんが習っているバレエ教室の発表会がありました。毎年、近くの高校の体育館を借りて開催しているようで、その辺りもきちんとした先生で嬉しいです。ここの教室は、バレエだけでなく、ジャズ、タップ、コンテンポラリーなどもあるので、それも楽しみ。
発表会の練習は2ヶ月ほど前から始まっていましたが、振り付けは覚えてるような、ないような(笑)。これはなっちゃんだけでなく、クラスのおチビさんみんながそんな感じですが、まぁチビさんは出てるだけでかわいいので問題ないでしょう。先生も最前列のいすに座って一緒に踊ることになっています。


なっちゃんは、朝起きた時から興奮気味。でも不安でもあるようで
「まみー、ゆびきりしよう。」
と言ってきました。
「何の約束するの?」
と聞くと
「なかない、っていうやくそく。」

やっぱりねー。顔は笑ってるけど、ドキドキしてるんだろうな。ということで、『針千本飲ます』代わりに
「もし泣いたら、アイスクリームたーべない!」
と、ゆびきりしました。


リハーサルの時間に行くと、会場では一足先にお姉さん達がリハーサルの真っ最中。しばらくすると、先生がおチビさんたちを集合させました。どうやってするのかなー?と思っていたら、10才くらいのお姉さん達も数人呼ばれて来て、その子達がおチビさんを更衣室に連れて行ってくれたり、舞台の袖に並ばせたり。お世話係をしてくれるようです。なんていいアイデア!先生、さすがです。

本番は、もう「かわいい」としか言いようがない(笑)。いやいや、思ったよりちゃんと踊ってた、と言うか、動いてたかな。なっちゃんも、もちろん泣かずにやってました。
ステージの、『動かされてる』感が拭えないちびっこのバレエに、観客のみんなもひときわ大きな拍手。
他のクラスの発表も、みんな練習に励んだんだなー、と微笑ましく観ていました。高校生以上になると、かなり大人っぽい雰囲気が出てくるし、上手い子もいるので、とても面白かったです。

残念ながら、こうちゃんはじっとできないので、夫がずっと相手をしてくれていました。日陰とはいえ暑い中、外で遊ばせたりおやつを食べさせたり。帰る頃にはぐったりしていて、帰宅後ソッコーでお昼寝。お疲れさまでした。

なっちゃんは、
「たのしかった!」
と嬉しそうにしていたので、何よりです。来年も観れるかな?


Posted at 21:38 | 生活 in Sydney | COM(2) | TB(0) |
2010.11.25

ご無沙汰してしまいました。

ここ最近あった出来事を、順にどどーんと公開(もっとマメに更新しようよ、私 笑)。


11月14日 シドニー日本語日曜学校
来年からキンディーに入るなっちゃんに、日本語学校にも通わせようかな~、と思っています。
今なっちゃんは、週2回学校に行っているだけなのに、うちで一人で遊ぶときには英語だったりします。来年からは、毎日学校。間違いなく英語の方が標準語になるでしょう。もちろんうちでは日本語!と言っていますが、いつまで続くか。
残念ながら、近くには日本語学校はなく、この日本語学校まで車で30分ほど掛かります。とりあえずどんな所か、今日は見学させてもらいに行ってきました。

説明してくれた方を含め、先生とアシスタント以外は全て保護者のボランティアで運営されているそうです。色々と話をしましたが、やはり上の学年になるほど生徒数は減っていくそうです。
うちだって、毎週日曜日の朝からお昼まで日本語の勉強、しかも遠い。今は親の言う通りに動いてくれますが、もう少し大きくなったら分かりません。

でもやっぱり、日本語はできるようになって欲しい。うちで教えるだけでは、モチベーションが保てないかもしれないけど、ここでお友達ができれば本人のやる気も違ってくるんじゃないかなー、なんて、期待もしてます。

ただ、今年は入学希望者が多いので、なっちゃんが入れるかどうかは12月中旬まで分かりません。入れるといいなー。


11月18日 初めてオーストラリアで告別式に参列
先週始め、夫が『前の職場の上司の奥様が、あと数日の命だ』という知らせを受けました。
2年前にはローマの学会にも一緒に行ったし、クリスマスの時期には自宅に招待して頂いたり、とても親切で素敵なご夫婦で、特に奥様の方は、こうちゃんが産まれた時にわざわざうちへお祝いに駆けつけてもくれました。
今年の始めに、彼女はがんで治療中なのは聞いていましたが、こんなに早く?とショックで、夫も私もぼんやり。夫はぼんやりしすぎて車をぶつけてました(苦笑)。
そしてその週末、彼女は自宅で家族に見守られ、静かに息を引き取ったそうです。

翌週の木曜日に、キャンベラで彼女の告別式がある、と聞き、車で行ってきました。なっちゃんもこうちゃんももちろん出席しました。
告別式といっても、日本のような悲しみに包まれたものではなく、明るい暖かい雰囲気。メールにも『彼女の人生を讃える』と書かれていた通り、家族や友人などのスピーチには必ず笑えるエピソードが盛り込まれていたり、服装も黒一色ではなく、抑えた色目ではあっても花柄だったり、結構履き潰した靴だったり(笑)、男性もジャケットなしで色シャツに暗めの色のネクタイとか、かなり華やか。
告別式が終わると、今度は自宅へ移動し立食パーティー。軽食、デザート、コーヒー、ジュースなどを頂きながら、談笑。
リビングのテレビでは、生前の写真をスライドショーにしていて、ご夫婦の結婚当初や子供の頃の写真も観られたし、久しぶりに会えた人たちもいて、意外にも楽しいひとときでした。この日の暖かい雰囲気は、彼女の人柄が出ていたのだと思います。

今でも彼女を思い出すと涙が出そうになりますが、あの「暖かさ」を思い出すとほっとして、「知り合えてよかったなぁ。」と思う毎日です。


Posted at 21:36 | 生活 in Sydney | COM(2) | TB(0) |