FC2ブログ
2011.11.29

この話題、書こうと思ってたのに

結果、出ちゃった。

日曜日は、大阪府知事、大阪市長のダブル選挙でした。恥ずかしながら、私たち夫婦はまだ手続きをしていないので投票しませんでしたが、私はとても楽しみにしてました。というのも、大阪のお役人のひどさにはあきれ果てていたので、これでちょっとはお灸をすえてもらえるかも、と、ややいやらしい希望を抱いていたのです 笑。
前の知事の橋下さん、「さすが上手いな、この人。」と思っていたので、一種の信用があったのかもしれませんが、「維新の会」に一度任せてみたかったんです。で、そう言う人、多かったのかもしれませんね。市長選の投票率60%。知事選は52%。私は大阪市民ではないので、投票したとしても知事選だけですが。

これで一気に大阪が変わる!とは言いませんが、何もしない、どころか無駄遣いしかしないお役人がいなくなってくれると、嬉しいです。(働いてるときは、公務員が大っ嫌いでした。タクシーの運ちゃんと文句を言って盛り上がったのが懐かしい。)


前に、夫とこのダブル選の話の流れで、年代別の投票率を調べました。
ざっくりいうと、50~70代の投票率は75%、20~40代は50%。この2つに分けた年代で、人数差はあまりない。つまり単純に、投票する人数は年齢が上がると増える。ということは、立候補者側の釣り文句は、この辺をターゲットにしとけばOK。
いつもなら、これでお年寄りがリーダーに決まるけど、今回は若い世代が入ってきた。これはおじいちゃん、大弱り。だって今までそんなとこターゲットにした事ないから、何言ったらいいか分かんない。結局、「近頃の若いもんは」と文句を言う事しか出来なかった。しかも「変わりたくない」「既得権は手放したくない」態度が見え見え。そらあかんわね~。

これから、おじいちゃんたちの抵抗やら報道のよく分からない攻撃やら、かなり厳しい道のりが続くのでしょうが、どうか乗り切って欲しいと思う一府民です。

スポンサーサイト



2011.11.21

バレエ発表会

なっちゃん、2回目のバレエ発表会でした。今回は白いチュチュを着て、髪はおだんごのちっちゃなバレリーナ風。

ステージでは、客席前方にいる先生を見て動くので、ある意味『いつも通り』 笑。
3年生くらいからかなー?ちゃんと自分で振り付けを覚えて踊れるのって。今回は先生がお忙しいのもあって、発表会の練習は3回のみ、しかも最後まで通したのは最後の練習日1回だけ、という、日本では考えられない練習量(笑)。先生も、練習でやりながら振りを変えていくので、覚える必要もない、とも言えます。その分、子供たちにはプレッシャーがなく、楽しく当日を過ごせていいのかもしれませんねー。

お昼前からリハーサルのため会場へ行き、終わったのは5時半。夫とこうたも一緒に来てくれたのですが、2時前くらいになるとこうたが泣いたりして落ち着かなくなってきたので、ボーイズは帰宅。終わってから迎えに来てもらいました。

なっちゃんは、とても楽しかったようです。
「次のコンサートは、どんなんするんかなぁ。」
と、今から来年を楽しみにしてます。

写真は、仲良しのMちゃんと。なっちゃんが発表会でもらった賞状を見ています。(踊った生徒さんはみんな、何かがもらえます)


2011.11.13

なっちゃん、自転車に乗る

3週間前くらいから、週末にコマなし自転車を本気で練習し始めたなっちゃん。始めは怖がってスピードが出せず、後ろを持ってもらって何とかこいでいたのですが、あるとき、
「ペダルに足を置かないで、足を浮かして乗ってみ。」
と夫。バランスバイクの要領ですね。これを何度かやってるうちに、バランスをとる感覚がつかめてきたらしい。ほんの2、3mですが、一人でこげるようになりました。

翌週は、最初は持ってもらって練習。でも早いうちから一人でこぎ始め、前よりちょっと距離が伸びてきました。

そして今日。
はじめの何往復かは持ってもらってましたが、すぐに一人でこぎ始め、やや上り気味の直線ならどこまでもいけそうな勢い!少し勾配のあるところなので、下りは怖がってすぐに足を付いていましたが、ペダルブレーキの練習をして自分で止まれることが分かると、下りもできるようになりました。
こぎ始めも、はじめはできなかったのが、最後にはひとりでもできるように。すごい~。
Uターンも、少しできることがあるので、もうすぐカーブだってできるようになるでしょう。

だた、この辺は車も多いしとばす人も多いので、のんびりサイクリングするにはどこか別の場所へ移動しないといけないだろうなぁ。
といっても、自転車持ってるのはなっちゃんだけなんだけど。家族みんなで自転車する?私も練習した方がいいかも。。
2011.11.12

テレビ、デジタル化!(今頃。。)

先日、いきなりテレビがつかなくなりました~。子供たちにはPCでDVDを見せてましたが、リージョンコードとか何とか再生できないのも多いし、ないとやっぱり不便なので、新しいのを買う事にしました。せっかく新しいのを買うので、デジタル対応のを。。って、今時アナログのは売ってないのですが。
お店に行くと、ドドーンとでかいTVが並んでいますが、私たちはその横の、小さなテレビの並ぶ棚へ。しばらく、どこのメーカーのがいいか眺めていたのですが、
「何か、目が痛くなってきた。。」
「頭痛い。」
と、集中力が切れつつも、『結局どこのでもあまり変わらない』という結論に達し(笑)、予定よりも大きな22インチ(小さいって?)のを購入しました。

うちについて、セッティングして、スイッチオン!

「すごーい、きれー。」

ええ、アナログTVは非常に映りが悪く、ひどいのは3Dのを裸眼で見てるよりも映像がだぶってたもので。。
クリアな映像で、チャンネルも増えて、これから楽しめそうです。

でもひとつ疑問。ワイドスクリーンで見るヒトの顔が縦長に見えるんですが。これは前のテレビが実際のよりも縮めて映ってたのでしょうか?どっちがほんとの顔なんだー?

Posted at 12:28 | 生活 in Sydney | COM(0) | TB(0) |
2011.11.11

おしゃべりこうた

いつまでもコザルだと思っていたこうたも、最近よくしゃべるようになりました。

「はよ(おはよう)」「おきて(起きて)」「おはんよー(ごはんよー)」「といれ、いく」

などなど、朝から大騒ぎ。
おねえちゃんを学校へ送って行くときは

「がっこう」「でんちゃよ(電車よ)」「ばす」「とらっく」「もみがこ(ゴミ箱。ビンのこと)」「ちんこう(信号)」

と、見えるものすべてを報告し、返事をするまで言い続けるので、これまた騒がしい。
うちでも

「なにこれ」「はい、どーぞ(と、架空のケーキをくれるまね)」「おいち(おいしい)」「あぼーよー(遊ぼうよー)」「よんで(読んで)」「びちゃびちゃよー(濡れたとき)」「ほっひ(外の飛行機の音を聞いて)」「こえん、いこー(公園行こう)」「おっちかえろー(おうち帰ろう)」

おねえちゃんと物を取り合うときは
「かって!かってぇ」
と手に入れるまで言い続け、大抵はなっちゃんが諦めて、怒りつつも譲ってあげてます。

それから、マンションのすぐ裏を通る電車の音を聞くと
「あ、でんちゃ!」「でんちゃよ!」
と、窓に張り付きます。と言っても、直接は見えません。向かいのマンションの窓に映る(正確には、その奥のクローゼットの鏡に映る)電車の屋根部分が見たいのです。そして通り過ぎると
「あー、いっちゃった」

そんなに乗り物が好きならば、と、散歩ついでに線路そばの通りへ。
「でんちゃよ」「あ、ばす」「とらっく!」「また、でんちゃ」
と、報告に大忙し。聞いてると可笑しくなってきます。

私が言ってることはほとんど分かってるし、
「ちょっと待ちなさい!」
と言うと、
「はい」
と、ほんとにちょっとだけ(笑)、待ってくれます。
こうたと2人で行動するのも、かなり楽になってきたなぁ、と思う今日この頃。。いやいや、まだ油断は禁物ですが 笑。

2011.11.09

学校でディスコ

昨日なっちゃんの学校で、ディスコパーティーがありました。今年のテーマは「パジャマディスコ」。DJも呼んでいるらしい。
キンディから2年生は夕方5時から6時。3年生から6年生は6時から8時半。そしてその入れ替わりの時間に、外でソーセージサンドの販売。
入場に1人5ドル、ソーセージは1個2ドル50。2人子供がいる友達は、
「20ドルもかかったわ。」
意外と痛い出費です 笑。そして、送迎も結構面倒でした~。3時に普通に終わって、一旦帰宅。そして5時に送って行って、6時前にまた迎えに行って、と3往復。これ、上の学年の子がいると、さらにまた8時半にお迎えに行かねばなりません。(もしこうたがキンディになったら、これをすることになる。。)
「めんどくさー。。」
と別の友達はぼやいてました 笑。

と、親がいろいろ色々、ぶつぶつ言ってる横で、子供たちはそれはそれはもう、大はしゃぎです。何週間も前から「ディスコ、ディスコ」言って、当日は学校で
「パジャマはどんなの?」
という会話しかしなかった、となっちゃんが言うくらい。

残念ながら、どんな『ディスコ』だったのかあまり見れませんでしたが、迎えに行ったときにちょっと覗くと、ステージにおねーさんがいて音楽に合わせて踊りを指南。子供たちも一緒に踊る踊る。これは、ディスコというよりエアロビではないかと思いつつ、何だか楽しそうで、外で待ちつつ腰が動く私でした 笑。

汗びっしょりのなっちゃんは、友達と外でソーセージにかぶりつき、グランドでちょっと遊んで、大満足で帰宅しました。そうそう、シャボン玉のお土産付き。なっちゃんは、帰宅するなり
「今度はいつあるの~?」
また来年、楽しんでください。